トイレの構造や仕組みを知って水漏れトラブルを防ぐ

トイレの構造や仕組みを知って水漏れトラブルを防ぐ トイレは水漏れやつまりなど、常に水トラブルの発生が心配されます。外から見ると構造や給水、排水の仕組みが複雑に感じられますが、構造や仕組みは意外にシンプルなものです。現在、和式便器は一般家庭ではあまり見られなくなり、腰掛式の洋式便器が主流です。洋式便器の構成は水たまりと排水路の2つからなり、この構造は衛生を保てて防臭効果もある反面、つまりなどの水トラブルが発生しやすくなります。
タンクの主な役割は給水量を調節することで、常に標準水位を保っています。タンク内にはいつも大量の水が貯められているため、配管との接合部分で水漏れのトラブルが起きやすい場所でもあります。便器本体やタンク内部の構成、仕組みが分かれば、水トラブルへの対処法も適切に行うことが可能です。

■トイレの主な構成は便器本体とタンク

トイレの便器本体の水たまりとは便器内に水が溜まっている場所のことで、いつも水を溜めておくことにより、便器が汚れるのを防ぐことができます。また、下水管から悪臭が上がってくるのを食い止める効果もあります。便器内の排泄物と水を一緒に流してしまう排水路は、S字形をしているという特徴があります。そのため、せり上がったせきが作られ、便器内を清潔に保つことが可能です。
一方でS字形をしているため、水流が弱かったり、一度に流す量が多かったりするとつまりやすくなります。水たまりの水位はせきの勾配によって決まるので、水の量を調節することはできません。そこで、タンクに水を貯め、給水量が調節できるようになっています。

■タンクの部品のさまざまな役割
レバーを回すとフロートバルブのゴム玉が排水口を開閉し、水を流したり止めたりする調整を行います。以前はフロート弁やゴムフロートと呼ばれる部品でしたが、新しいタイプのフロートバルブはプラスティック製のものが使われていることが多く、パッキンがゴムの代わりを果たしています。先端に楕円形の浮き球が付いたボールタップは、タンク内の給水量を調節しており、ボールタップの根元がタンクの外側にある給水管に繋がっています。
オーバーフロー管はタンク内の標準水位のWL線が書かれています。この水位より低いか高い場合は、タンク内にトラブルが起きています。タンクの外側で繋がった給水管が、壁や床に接合するところにある止水栓は、タンクに水を供給する蛇口の役割があります。

■水が流れる仕組みを理解して水漏れに対処する

レバーを引くと鎖と一緒にフロートバルブが持ち上がり、排水弁が開いてタンクから水が便器内に給水されます。一定量の水が流れ終わると、フロートバルブが自動で排水弁を閉めます。タンク内の水位が下がると、ボールタップの浮き球も一緒に下がり、それを合図にタンク内に給水が始まります。浮き球が上昇し、最初の水位に戻ると給水が終わります。次にトイレの水を流すまで、タンク内には一定量の水が保たれる仕組みです。
これらの仕組みを理解すれば、水漏れの症状によって原因や対処法が分かります。例えばレバーを回していないのに、便器内にチロチロ水が流れているなら、フロートバルブの劣化や損傷が考えられます。タンク内で水が流れ続けるなら、ボールタップのトラブルで水が止まらなくなっていることが考えられます。

■まとめ
一つ一つの部品が連動して排水、給水の働きを整然と行っているタンクは、部品の一部が劣化したり損傷したりしていると、排水や給水の流れの仕組みが上手く行かなくなり、水漏れトラブルが発生しやすくなります。定期的にタンク内や便器本体周辺を点検することで、水漏れなどのトラブルを未然に防ぐことができます。また、いざトラブルが発生しても適切に対処することができるようになります。それでも対処が難しい場合は、トイレの水漏れ修理で実績のある専門業者に依頼してください。また、トイレリフォームも選択肢のひとつです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース